コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広告モデル コウコクモデル

デジタル大辞泉の解説

こうこく‐モデル〔クワウコク‐〕【広告モデル】

マスメディア事業における収益形態の一。新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットなどで、広告を掲載したり放送したりすることにより、広告主から収益を得る仕組み。特に、インターネットや携帯電話を通じたコンテンツ配信に伴う広告による収益形態を指す。→契約者モデル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

広告モデルの関連キーワードマニュエル シュワルツカオ ユエンユエンTSUYOSHIユン・サンヒョンナオキエスプリアリスラポートジュリアキング成果保証型広告こいけけいこルカオーエン春日みつき飯沼ももこ川俣こらり和田めぐみ横井日那乃土志田佳蓮渡邊さくら加藤義宗刈川杏奈椎名ユキ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広告モデルの関連情報