コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広小路通

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広小路通

1660(万治3)年の「万治の大火」の後、尾張藩が道を広げたことが名前の由来とされる。1898(明治31)年には路面電車が開通し、名古屋の商業・娯楽の中心としてえた。昭和30年代ごろは沿線に屋台が軒を連ね、人々が行き交う様子は、東京・銀座の「銀ブラ」にならって、「広ブラ」と呼ばれた。

(2006-06-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

広小路通の関連キーワード愛知県名古屋市中区栄愛知県名古屋市中区栄(名古屋市)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広小路通の関連情報