コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広小路通

1件 の用語解説(広小路通の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広小路通

1660(万治3)年の「万治の大火」の後、尾張藩が道を広げたことが名前の由来とされる。1898(明治31)年には路面電車が開通し、名古屋の商業・娯楽の中心として栄えた。昭和30年代ごろは沿線に屋台が軒を連ね、人々が行き交う様子は、東京・銀座の「銀ブラ」にならって、「広ブラ」と呼ばれた。

(2006-06-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広小路通の関連キーワード姉小路実道毛利綱広竹内孝治万治飯田東渓太田万治郎京極高明真田幸道准秀高尾(万治高尾)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広小路通の関連情報