コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広小路通

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広小路通

1660(万治3)年の「万治の大火」の後、尾張藩が道を広げたことが名前の由来とされる。1898(明治31)年には路面電車が開通し、名古屋の商業・娯楽の中心としてえた。昭和30年代ごろは沿線に屋台が軒を連ね、人々が行き交う様子は、東京・銀座の「銀ブラ」にならって、「広ブラ」と呼ばれた。

(2006-06-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

広小路通の関連キーワード愛知県名古屋市中区栄愛知県名古屋市中区栄(名古屋市)

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広小路通の関連情報