コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島と長崎の原爆

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広島と長崎の原爆

広島に投下された原爆にはウラン235が使われ、長崎の原爆にはより核分裂を起こしやすいプルトニウム239が使用された。長崎原爆の爆発エネルギーは広島原爆の約1・4倍だったが、長崎の犠牲者が広島より少なかったのは、爆心地が市中心部から少し北に離れた地点だったほか、山に挟まれた地形などのためと考えられている。

(2006-08-02 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

広島と長崎の原爆の関連キーワード生きていてよかったプルトニウム放射線障害

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広島と長崎の原爆の関連情報