コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島と長崎への原爆投下

1件 の用語解説(広島と長崎への原爆投下の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広島と長崎への原爆投下

終戦直前の1945年8月6日に広島へウラン型原爆「リトルボーイ」(約4トン)、同9日に長崎へプルトニウム型原爆「ファットマン」(約4.5トン)が米軍のB29爆撃機から投下された。年末までに広島で約14万人、長崎で約7万4千人が死亡。生き延びた人も放射線被害に苦しんだ。 被爆者健康手帳を交付された人は昨年3月末の時点で19万2719人。がんなどの病気が原爆放射線によって発症した「原爆症」と認められれば、国が医療費を全額負担する。しかし、認定数は9千人ほどにとどまり、今も各地で認定を求める訴訟が続いている。

(2015-06-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広島と長崎への原爆投下の関連キーワード原爆エノラ・ゲイ東北空襲名古屋刑務所の革手錠事件多部制の定時制高校豊川海軍工廠駿河湾沖地震岩美駅空襲久留米競輪場酒井屋製菓

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広島と長崎への原爆投下の関連情報