コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島方式

1件 の用語解説(広島方式の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広島方式

同県福山市で橋の建設工事を受注した共同企業体(JV)への恐喝未遂事件をきっかけに、03年7月から「公共工事からの暴力団等不当介入排除制度」をスタートさせた。県警によると、制度導入から昨年12月中旬までに、民間工事も含めて業者からの不当介入の届け出は計85件。このうち14件計22人を恐喝などの容疑で逮捕した。

(2006-04-02 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広島方式の関連キーワードイニシャルコスト松永ゼネコンJV公共工事履行保証保険ジョイントベンチャ-検察側の主張清掃施設工事(建設業許可の一種)土木一式工事(建設業許可の一種)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone