広島県三原市(読み)みはら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕三原〈市〉(みはら〈し〉)


広島県中南部の市。
沼田(ぬた)川流域に位置し、南部は瀬戸内海に臨む商工業都市。重要港湾の尾道(おのみち)糸崎(いとざき)港と三原港をもつ港湾都市でもある。芸予諸島の佐木島なども市域に含む。2005年(平成17)3月、旧・三原市と賀茂郡の大和町、豊田郡の本郷町、御調(みつぎ)郡の久井町が合併して現在の姿となる。この合併により、賀茂郡消滅。JR山陽新幹線・山陽本線、山陽自動車道などが通じ、本郷町に広島空港がある。沼田川河口部に位置する市の中心部は、安土桃山時代に小早川隆景(たかかげ)が築いた城下町、また山陽道の宿場町で、江戸時代には塩の産地として知られた。稲作、ミカン・モモなどの果樹や花卉(かき)栽培、タコ漁が盛ん。繊維・機械・輸送用機器・造船・食品などの大手工場がある。三原港は芸予諸島の島々へのフェリー便の起点。高山城跡・三原城跡はいずれも国指定史跡。宇根山の山頂付近には三原市宇根山天文台があり、南東麓にある久井の岩海(がんかい)は、沼田西のエヒメアヤメ自生南限地帯、有竜島(うりゅうとう)のナメクジウオ生息地とともに国の天然記念物に指定。白竜湖(椋梨ダム)周辺にはスポーツセンターなどが整備され、瀬戸内海国立公園の一部をなす筆影山やすなみ海浜公園など、景勝地やレジャー施設も多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広島県三原市の関連情報