コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島県三次市 みよし〈し〉

1件 の用語解説(広島県三次市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕三次〈市〉(みよし〈し〉)


広島県北部の市。
三次盆地に位置し、北西部は島根県と接する。同県北部の行政・経済の中心。2004年(平成16)4月、旧・三好市と甲奴(こうぬ)郡の甲奴町、双三(ふたみ)郡の君田村、同布野村、同作木村、同吉舎町、同三良坂町、同三和町が合併して現在の姿となる。この合併により、双三郡消滅。市の中心部は江戸時代初期、広島藩支藩の城下町となり発展。また江(ごう)の川の舟運交通の河港町としても栄えた。古くは出雲街道の要地で、現在も山陰・山陽を結ぶ鉄道・道路交通の要衝。中国自動車道開通後は輸送用機器・電機・機械などの工場が進出。稲作では特に酒米の生産で知られ、ブドウ・リンゴ・ナシや花卉(かき)の栽培が盛ん。山間地では林業も盛んで、養鶏・酪農にも力を入れる。三良坂町ではニシキゴイの養殖が行われる。郷土玩具の三次人形、竹工芸品やワインが特産品。夏に馬洗川で行われる鵜飼い、秋から春にかけて発生する霧の海が名高い。国指定史跡の浄楽寺・七ツ塚古墳群の付近一帯は県立みよし風土記の丘として整備され、旧真野家(しんのけ)住宅(国の重要文化財)も移築されている。2月の出雲大社備後(いずもたいしゃびんご)分院の節分祭には、毎年多くの参拝者が集まる。アメリカ大統領ジミーカーターとの交流をきっかけに設立されたジミー・カーター シビックセンターがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広島県三次市の関連情報