コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島県世羅郡世羅町 せら〈ちょう〉

1件 の用語解説(広島県世羅郡世羅町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕世羅〈町〉(せら〈ちょう〉)


広島県中東部にある町。吉備(きび)高原の世羅台地に位置し、南部を芦田(あしだ)川が流れる。世羅郡
2004年(平成16)10月、同郡の旧・世羅町と甲山町、世羅西町が合併して成立。江戸時代には石見路の宿場町。養鶏・肉牛飼育と稲作、世羅ナシ・リンゴなどの果樹栽培が盛ん。機械・木工などの工場がある。特産品に経木(きょうぎ)帽子がある。芦田川には八田原ダムのダム湖、芦田湖がある。日本最大規模の世羅ゆり園、しゃくなげ園、香山ラベンダーの丘などの花観光園や観光果樹園が多い。黒川明神山にアウトドア施設の整ったせらにし青少年旅行村がある。世羅グリーンパーク弘楽園ではモトクロスの全国大会も開催される。ワイナリーレストラン、公園施設を備えたせら夢公園が2006年に開園した。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広島県世羅郡世羅町の関連情報