広島県大竹市(読み)おおたけ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕大竹〈市〉(おおたけ〈し〉)


広島県南西端、広島湾を臨む市。
小瀬(おぜ)川を挟み、山口県に接する。江戸時代から小瀬川の水を利用して製造されてきた手漉き和紙が特産品。第二次世界大戦後、石油化学コンビナートが進出し、南隣の山口県岩国市とともに工業地帯を形成。化学・紙パルプ・プラスチックなどの工場がある。瀬戸内海に浮かぶ阿多田(あたた)島ではイワシなどの漁業が盛ん。三倉岳はハイキングの好適地で県立自然公園となっており、山麓では稲作が行われる。弥栄(やさか)ダム上流にある弥栄峡は県指定名勝。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広島県大竹市の関連情報