広島県安芸郡海田町(読み)かいた〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕海田〈町〉(かいた〈ちょう〉)


広島県南西部、広島市の東に接する町。安芸(あき)郡
山陽道の旧宿場町。輸送用機器・鉄鋼・食品などの工場がある、広島市のベッドタウン。JR山陽本線の海田市(かいたいち)駅から呉線が分岐。旧山陽道に残る旧家の一つ、千葉家書院と千葉家庭園は、県指定の重要文化財および名勝

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android