広島県安芸高田市(読み)あきたかた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕安芸高田〈市〉(あきたかた〈し〉)


広島県中北部にある市。
可愛(えの)川に沿い、広島市の北東に位置する。北部は島根県と接する。2004年(平成16)3月、高田(たかた)郡の吉田町、八千代町、美土里町、高宮町、甲田町、向原町が合併して成立。この合併により、高田郡消滅。JR芸備(げいび)線・三江(さんこう)線、中国自動車道などが通じ、高田インターチェンジを有する。農業では稲作のほか、ダイズ・レンコンなどの野菜栽培・畜産が盛ん。高田ナシを特産。中心地の吉田町は戦国大名の毛利(もうり)氏発祥の地で、毛利元就(もうりもとなり)の墓や国指定史跡の毛利氏城跡 多治比猿掛城(たじひさるかけじょう)跡 郡山城(こおりやまじょう)跡がある。美土里町は出雲(いずも)系の神楽(かぐら)団が数多く残る。高宮町に伝わる安芸のはやし田は国の重要無形民俗文化財。土師(はじ)ダムによる人造湖八千代湖周辺はサクラの名所として知られ、スポーツ施設や公園、キャンプ場などが整う観光地。船佐(ふなさ)・山内(やまのうち)逆断層帯は国の天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広島県安芸高田市の関連情報