広島県府中市(読み)ふちゅう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕府中〈市〉(ふちゅう〈し〉)


広島県中東部、芦田(あしだ)川上中流域を占める市。
2004年(平成16)4月、甲奴(こうぬ)郡の上下町を編入して現在の姿となる。市の南部は古代には備後(びんご)国府がおかれた地。北部の上下町は石洲街道の宿場町で、江戸時代には代官所がおかれ、付近の幕府直轄領の中心地として繁栄した。古くから備後絣(びんごがすり)・桐だんす・府中みその産地として知られる。稲作とアスパラガス・ピーマンなどの野菜栽培、畜産・酪農が盛ん。非鉄金属・機械などの工場が進出し、内陸工業地帯を形成。僧殿町に国蝶オオムラサキの保護・飼育施設オオムラサキの里がある。矢野地区には花崗岩が渓谷に沿って累積している矢野の岩海(がんかい)があり、国の天然記念物に指定されている。付近に湧く矢野温泉は国民保養温泉地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広島県府中市の関連情報