コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島県東広島市 ひがしひろしま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕東広島〈市〉(ひがしひろしま〈し〉)


広島県中南部の市。
広島市の東に位置し、西条盆地を占める。北西部を沼田(ぬた)川が、南西部を黒瀬川が流れる。南東部は瀬戸内海に面し、三津湾に浮かぶ大芝島や無人島の龍王島も市域に含む。2005年(平成17)2月、賀茂郡の黒瀬町、福富町、豊栄町、河内町と豊田郡の安芸津町を編入して現在の姿となる。JR山陽新幹線・山陽本線、山陽自動車道などが通じる交通の要衝。安芸津港は古来内海交通の要地として栄えた。中心の西条地区は古代には安芸国の国府があった地とされ、安芸国分寺跡(国指定史跡)がある。江戸時代には山陽道の宿場町。伝統的に酒造業が盛んで、国内唯一の酒類総合研究所がある。地場産業ではほかに醤油の醸造、れんがなどの窯業も盛ん。福富地区で生産される銅蟲(どうちゅう)は県指定の伝統的工芸品。農業では稲作のほかジャガイモ・西条柿・エゴマなどの栽培が行われる。山間地では酪農・畜産も盛ん。沿岸部ではカキ・ノリの養殖が行なわれる。市中心地では昭和40年代から急速に宅地化・工業化が進展、電機・輸送用機器・機械などの内陸型工業が進出。近年は広島中央テクノポリスの中心地として、ハイテク産業の導入が進む。広島大学・近畿(きんき)大学・広島国際大学などがある学園都市でもある。
篁(たかむら)山の山頂近くには古刹竹林(ちくりん)寺(真言宗)(本堂は国指定重要文化財)がある。三ツ城古墳、鏡山城跡は国指定史跡。北部の鷹ノ巣(たかのす)山にはブナとシャクナゲの群生地があり、南部の三永(みなが)水源池はフジの名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

広島県東広島市の関連キーワード広島県東広島市志和町七条椛坂広島県東広島市安芸津町小松原広島県東広島市高屋町高屋東広島県東広島市八本松町飯田広島県東広島市高屋高美が丘広島県東広島市福富町下竹仁広島県東広島市豊栄町鍛冶屋広島県東広島市福富町上戸野広島県東広島市福富町上竹仁広島県東広島市田口研究団地広島県東広島市八本松町宗吉広島県東広島市八本松町正力広島県東広島市安芸津町風早広島県東広島市高屋うめの辺広島県東広島市志和町志和西広島県東広島市安芸津町大田広島県東広島市八本松町米満広島県東広島市安芸津町木谷広島県東広島市吉川工業団地広島県東広島市八本松町吉川

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広島県東広島市の関連情報