コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島県竹原市 たけはら〈し〉

1件 の用語解説(広島県竹原市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕竹原〈市〉(たけはら〈し〉)


広島県南部にある市。
瀬戸内海に面し、賀茂川流域に位置する。江戸時代、瀬戸内海航路の要港や製塩地として発展。頼山陽(らいさんよう)の一族ほか多数の学者を輩出。商工業都市で、酒造業・れんがなどの窯業が盛ん。木材・金属製錬・食品加工・造船などの工場がある。ハイテク産業の誘致にも力を入れる。「安芸(あき)の小京都」の名がある竹原地区の町並みは重要伝統的建造物群保存地区に選定。沖合の大久野島には国民休暇村があり、海浜行楽地となっている。竹をテーマとする総合公園バンブージョイハイランドがある。スナメリクジラ廻游海面と忠海八幡神社の社叢はいずれも国の天然記念物に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広島県竹原市の関連キーワード牛窓三原尾道周南瀬戸内竹原柳井安浦[町]古瀬戸内

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広島県竹原市の関連情報