コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広沢菊春(2代) ひろさわ きくはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広沢菊春(2代) ひろさわ-きくはる

1914-1964 昭和時代の浪曲師。
大正3年3月10日生まれ。岡本玉治,3代早川燕平,父の初代菊春に師事。のち梅中軒鶯童(おうどう)に入門し,梅中軒現童をへて,2代菊春を襲名。落語の噺(はなし)をとりいれ,寄席で座布団にすわってかたった。昭和39年4月15日死去。50歳。大阪出身。本名は佐々木勇。初名は広沢小菊春。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広沢菊春(2代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android