広田百豊(読み)ひろた ひゃくほう

美術人名辞典の解説

広田百豊

日本画家。石川県生。名は才一郎。はじめ岸浪柳渓に、のち京都に出て竹内栖鳳に師事する。京都後素協会・巽画会会員となる。帝展の発足では日本自由画壇の結成に参加した。文展入選。昭和30年(1955)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android