コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広葉天南星 ひろはてんなんしょう

大辞林 第三版の解説

ひろはてんなんしょう【広葉天南星】

サトイモ科の多年草。多雪地帯の山地に自生。五枚の小葉から成る掌状の葉を一個つける。五、六月頃、緑色の仏炎苞につつまれた肉穂花序をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

広葉天南星の関連キーワードサトイモ科肉穂花序多年草仏炎苞山地自生小葉掌状

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android