コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄内[町] しょうない

百科事典マイペディアの解説

庄内[町]【しょうない】

山形県北部,庄内平野に位置する東田川郡の町。北部を最上川が西流する。2005年7月東田川郡立川町,余目町が合併し町制。JR羽越本線,陸羽西線,国道47号線,345号線が通じる。

庄内[町]【しょうない】

福岡県中部,嘉穂郡の旧町。中央を北流する遠賀(おんが)川支流庄内川流域を占め,明治中期から炭鉱町として発展したが,現在すべて閉山。稲作農村として再生を図り,耕地の鉱害復旧も促進され,野菜,果樹花卉(かき)の栽培が行われる。

庄内[町]【しょうない】

大分県中部,大分郡の旧町。中心は標高約1000mの火山群に囲まれる大分川中流域で,河岸段丘上は江戸時代から灌漑(かんがい)施設が整備され,耕地となっている。米麦作,果樹栽培を行うほか,肉牛,イチゴ,トマトなどを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうない【庄内[町]】

福岡県中部,嘉穂(かほ)郡の町。人口1万1290(1995)。東西を田川・飯塚両市にはさまれる。東端は金国(かなくに)山,関ノ山などの低い山地が連なり,中央を北流する遠賀川支流の庄内川に沿って沖積低地が開ける。古代には綱分郷(のち綱分荘)と呼ばれ,宇佐~大宰府間の官道の駅として綱分駅が置かれた。また遠賀川河口の芦屋に通じる舟運要衝でもあった。明治末期より石炭産業が活発となり,最盛期には20近い炭鉱が稼行し,人口も2万人をこえ,1958年に町制を施行した。

しょうない【庄内[町]】

大分県中部,大分郡の町。人口9886(1995)。大分川中流域に位置し,西部と北部は花牟礼山(1173m),城ヶ岳など1000m以上の山地が占め,阿蘇野川をはじめ多くの河川が源を発して中心部を東流する大分川に合流する。大分川流域には数段の段丘がみられる。古くから米,麦の産地であるが,近年は梨,柿,ミカンなどの果樹をはじめ,シイタケ,花卉などの栽培が盛んで,牛の飼育も行われる。南西部の黒岳北麓一帯は原生林が広がり,阿蘇国立公園に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

庄内[町]の関連キーワード阿蘇くじゅう国立公園

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庄内[町]の関連情報