コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄原[市] しょうばら

百科事典マイペディアの解説

庄原[市]【しょうばら】

広島県北部の市。1954年市制中国山地の一部を占め,江の川(ごうのがわ)の支流西城(さいじょう)川の流域に低地がある。中心集落は西城川の河岸段丘上にあり,市場町として発達,隣接する三次市とともに備後(びんご)地方北部の中心都市で,芸備線中国自動車道,松江自動車道,国道183号線が通じる交通要地。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうばら【庄原[市]】

広島県北部の市。1954年庄原市町と高(たか),本田,敷信(しのお),山内(やまのうち)東,山内西,山内北の6村が合体,市制。人口2万2377(1995)。江の川支流西城川の中流にあり,西隣の三次(みよし)市とともに中国地方内陸盆地に立地する。周辺は古代からの砂鉄産地で,市内の古墳は1000をこえる。中世には地毗(じび)荘,泉田荘などの荘園が成立,近世初頭から現市街地が市場町として成長した。市とはいえ,米作畜産,野菜栽培が基幹産業で,第1次産業の比重が高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

庄原[市]の関連キーワード比婆道後帝釈国定公園道後山比婆山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android