庄司 浅水(読み)ショウジ センスイ

20世紀日本人名事典の解説

庄司 浅水
ショウジ センスイ

昭和期の書物研究家,ノンフィクション作家 ミズノ・プリンティング・ミューゼアム名誉館長;元・京都外国語大学専任講師。



生年
明治36(1903)年11月10日

没年
平成3(1991)年9月7日

出生地
宮城県仙台市

本名
庄司 喜蔵(ショウジ キゾウ)

学歴〔年〕
三田英語学校専攻科卒

経歴
書物に関する古今東西の文献を書誌的に研究する書物研究家。共同印刷、凸版印刷勤務を経て、ブックドム社を設立し、昭和5年「書物の敵」を、8年「典籍随筆 蠧魚無駄話」などを刊行、「書物趣味」を主宰。他に「日本の書物」「印刷文化史」「本の文化史」「紙魚のたわごと」「愛書六十五年」など、書物に関する著書、訳書が多い。戦後はノンフィクション作家としても活躍し、その方面の著書に「海の奇談」「世界の奇談」「世界の七不思議」「奇談千夜一夜」など。また京都外国語大学講師もつとめた。「定本 庄司浅水著作集 書誌篇」(全14巻 出版ニュース社)、「庄司浅水ノンフィクション著作集」(全12巻 三修社)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android