庄司 吉之助(読み)ショウジ キチノスケ

20世紀日本人名事典の解説

庄司 吉之助
ショウジ キチノスケ

昭和期の日本史学者 元・福島大学経済学部教授。



生年
明治38(1905)年2月18日

没年
昭和60(1985)年4月30日

出生地
福島県信夫郡福島町(現・福島市)

学歴〔年〕
福島市立第三尋常小学校〔大正6年〕卒

学位〔年〕
農学博士(東京大学)〔昭和36年〕

経歴
13歳で福島市内の新聞社の文選工になり、独学で日本経済史を学ぶ。昭和15年地元新聞に連載の「福島県蚕業発達史」が藤田五郎福島高商(現・福島大)教授の目にとまり、以後研究に専念。25年福島大学講師、29年助教授を経て、36年農学博士となり、38年から44年まで教授を務めた。著書に「世直し一揆の研究」「近世養蚕業発達史」「明治維新の経済構造」「近世民衆思想史」「近代民衆運動史」、「庄司吉之助著作集」(全5巻 吉川弘文館)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android