庄田 耕峰(読み)ショウダ コウホウ

20世紀日本人名事典の解説

庄田 耕峰
ショウダ コウホウ

明治・大正期の日本画家,狂歌師



生年
明治10(1877)年9月25日

没年
大正13(1924)年7月1日

出生地
東京・神田

本名
庄田 完

経歴
浮世絵画家・尾形月耕に師事して人物画を学び、耕峰と号し風俗画を得意とした。また雲の屋峰助の号で狂歌を詠んだ。明治28年日本青年絵画協会第4回絵画共進会に「人形舞図」で3等褒状、30年日本絵画協会第2回絵画共進会に「亀井戸追儺神事」で2等褒状を受けるなど博覧会や絵画共進会で受賞を重ね、挿絵も手掛ける。40年文展開設では新派の国画玉成会の結成に参画するが、以後筆を断ち、文学畑で活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android