庄 幸司郎(読み)ショウ コウシロウ

20世紀日本人名事典の解説

庄 幸司郎
ショウ コウシロウ

昭和・平成期の建築家,市民運動家 シグロ代表取締役;庄建設代表取締役;記録社代表取締役;青林舎代表取締役;影書房代表取締役。



生年
昭和6(1931)年10月6日

没年
平成12(2000)年2月18日

出生地
旧満州・大連

学歴〔年〕
一ツ橋高卒

主な受賞名〔年〕
藤本賞(特別賞 第16回)〔平成9年〕「絵の中のぼくの村」

経歴
昭和21年10月に日本に引揚げ。各種市民運動に関わり、雑誌「記録」「告知板」や井上光晴編集「辺境」を発行、活発な文書活動を展開。平成4年13年半にわたって障害者差別や在日外国人、環境、平和、教育などをテーマにしたルポや評論を載せたミニコミ誌「記録」を休刊。著書に「他者と私」「中国還魂紀行」「悪態の精神」、制作記録映画に「みちことオーサ」「ウリナラ」「世なおし準公選」「よみがえれカレーズ」「水からの速達」「絵の中のぼくの村」などがある。すぺいす・しょう中野代表、平和憲法を世界に拡げる会会長も務める。平成9年ミニコミ紙「告知板」が300号を数えたが、12年2月333号を以って休刊した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庄 幸司郎の関連情報