コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庇(廂) ひさし

1件 の用語解説(庇(廂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひさし【庇(廂)】

現在では雨よけのための差掛け屋根を庇と呼ぶが,元来,殿舎の主体部分である母屋(もや)の周囲をめぐる空間を庇といった。用語としては奈良時代後期の文献が初出である。平安時代前期までの住宅は切妻造が主流で真屋(まや)と呼ばれ,寄棟造である東屋(あずまや)よりも格式の高いものとされていた。切妻造の殿舎では構造上,梁間(はりま)2間(6m前後)が一般的であったので,広い空間を造ることは困難だった。そこで殿舎の前後,または左右に庇を取り付けることによって内部空間の拡大がはかられるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の庇(廂)の言及

【間面記法】より

…建物の平面規模を表す方法の一つで,平安時代に用いられた。当時の建物は内部空間が母屋(もや)(身舎)と(ひさし)から構成されており,母屋の桁行(けたゆき)が何間で,その何面に庇が付くかによって全体の規模がわかる。母屋の梁間は2間が普通であるから,とくに表示する必要はない。…

【社寺建築構造】より

…それ以上の6間,7間のものは,もとは奥行4間の建物の前に礼堂(らいどう)や拝殿のような礼拝用の建物を双堂の形式で建てていたのが,後に一つ屋根の下に納めるようになったものである。仏堂,社殿の平面のうち,中心部の柱の高いところを母屋(もや)と呼び,その外側にある柱の低いところを(ひさし)と呼ぶ。母屋は桁行3間あるいは5間に梁行2間の規模のものが多く,これに庇がつく。…

【母屋】より

…古くは身屋,身舎と書く。(ひさし)に対する語で,殿舎または仏堂の中央部分をさす。古代から中世にかけての仏堂や,平安時代の寝殿造住宅などは,中央部の高い空間を持つ母屋と,その周囲をとりまく一段低い空間の庇によって構成されるのが原則だった。…

※「庇(廂)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

庇(廂)の関連キーワード雨蓋塵除け毒除け陸屋根腰屋根差掛け差掛け傘差掛ける避け

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone