コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

床板サンゴ類 しょうばんサンゴるいTabulata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

床板サンゴ類
しょうばんサンゴるい
Tabulata

刺胞動物門花虫綱の一亜綱。化石のみ知られている。筒状の体壁と水平の仕切りをする床板とからなり,群体を形成する。古生代オルドビス紀中頃から中生代ジュラ紀まで生息した。疑わしいものは新生界の古第三系始新統にも産出する。古生代のシルル紀デボン紀に繁栄。多くの示準化石がある。クサリサンゴタイヨウサンゴがシルル系に,ファボシテス(ハチノスサンゴ)がデボン系に,ケーテテス(カエテーテス)Chaetetes やミケリニア Michelinia が石炭系からペルム系に産出している。中生代にみられるケーテトプシス Chaetetopsis はケーテテスと同じものではない。(→サンゴ刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

床板サンゴ類の関連キーワード造礁サンゴ古生物石炭紀