店・見世(読み)みせ

大辞林 第三版の解説

みせ【店・見世】

〔「見せ棚」の略〕
商品を並べて売る所。商店。また、転じて、商売。 「繁華街に-を出す」
江戸時代、妓楼で、遊女が客を誘うために格子構えにした所。道路に面している。張り見世。
「見世女郎」の略。 「二年も-を勤めしうちに/浮世草子・一代女 2
[句項目] 店を畳む 店を張る 店を広げる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android