コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座敷持ち・座敷持 ざしきもち

大辞林 第三版の解説

ざしきもち【座敷持ち・座敷持】

宴席で、一座の興をうまくもりあげること。 「 -のいい芸者」
〔専用の座敷を持ったことから〕 江戸中期以後、新吉原の遊里における上位の遊女。小見世こみせでは最高位。大見世では部屋持ちの上位。自分の座敷を持ち、そこで客をもてなした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

座敷持ち・座敷持の関連キーワード新吉原最高位宴席一座遊女上位座敷遊里

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android