コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座長公演

1件 の用語解説(座長公演の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

座長公演

芝居と歌謡ショーの2部構成が、歌手の座長公演の定型だ。新宿コマ劇場(1956~2008)は、その殿堂だった。『新宿コマ劇場52年史』(コマ・スタジアム発行)によると、同劇場初の歌手座長公演は61年の春日八郎さん。昭和の歌姫・美空ひばりさんは64年に初登場し86年まで毎年公演した。70年代は、ほとんどが歌手の座長公演だった年もある。東京では現在、明治座や新橋演舞場などで、舟木一夫さんや天童よしみさんらの公演がある。

(2014-09-22 朝日新聞 朝刊 ニュースの扉)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

座長公演の関連キーワード定式幕ショートショート座長アーンショーの定理ショートパントショーパブリクショー指定席/ショートショート王国ラスト・ショー2《中国古代の祭礼と歌謡》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

座長公演の関連情報