コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭常・接骨木 にわとこ

大辞林 第三版の解説

にわとこ【庭常・接骨木】

スイカズラ科の落葉低木。山野に生え、庭木とする。高さ5メートルほど。枝は太い髄があり柔らかい。葉は羽状複葉。春、若枝の先に淡緑白色の小花多数を円錐状につける。液果は球形で赤熟する。枝葉を利尿・発汗・湿布などの薬用にする。タズノキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

庭常・接骨木の関連キーワードスイカズラ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android