コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康円・康縁・幸縁 こうえん

1件 の用語解説(康円・康縁・幸縁の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

こうえん【康円・康縁・幸縁】

1207~?) 〔「康縁」 「幸縁」とも書く〕 鎌倉時代の仏師。小仏師として湛慶を助け、のち大仏師となる。運慶の流れをくみ、特に怒物いかりものを得意とし、白毫寺炎魔十王像・神護寺愛染明王像などを制作。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

康円・康縁・幸縁の関連キーワード道元の母承元ディグリー・ミル卸売市場建永承元辛棄疾宗助国抜都ルーミー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone