コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康熙帝・康煕帝 こうきてい

大辞林 第三版の解説

こうきてい【康熙帝・康煕帝】

1654~1722) 中国、清の第四代皇帝(在位1661~1722)。名は玄燁げんよう。廟号びようごうは聖祖。三藩の乱を平定し、台湾の鄭氏を討ち、ロシアとはネルチンスク条約を結んで国境を画定。学術を奨励して清朝全盛期の基礎を確立した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

康熙帝・康煕帝の関連キーワードネルチンスク条約画定鄭氏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android