コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延べ取引 のべとりひき

大辞林 第三版の解説

のべとりひき【延べ取引】

代金支払いをすぐにせず、一定期間をおいて決済する取引。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の延べ取引の言及

【先物取引】より

…商品の先物取引は,狭義には,定型組織化されたルールによって一定の場(商品取引所)で取引をし,売買参加者はいつでも自由に反対売買し代金の差額(差金)を授受することによって当初の契約を清算できる取引を指す。広義には,相対(あいたい)取引で当初に約束した決済時点に商品の受渡しを行う延べ取引(または先渡し取引)まで含めていう。先物市場は,もともと天候要因などによって需給のバランスが崩れやすく,その結果価格変動が大きい一次産品を中心に,業者間でその変動による損失を回避・軽減する場として発生・発達してきたものだが,1971年のアメリカによる金とドルの交換停止によって為替市場が変動相場制に移って以降,従来の一次産品を中心とする〈商品〉のほか,通貨・債券などその取引対象は〈金融商品〉にまで大きく広がってきた。…

※「延べ取引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

延べ取引の関連キーワード延べ取引

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android