コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延年[小迫] えんねん[おばさま]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

延年[小迫]
えんねん[おばさま]

宮城県栗原市小迫の白山神社で,4月第1日曜日に行なわれる祭り。かつては旧暦 3月3日に行なわれた。白山宮の境内の土壇を舞台とする野趣あふれる野外劇で,祭りは勝大寺の僧侶を中心に行なわれる。昼過ぎ,勝大寺から行列をつくって白山宮へと登る。これをお山詰めという。「春陽哉/春来れば春来れば/柳桜をこきまぜて/よりまぜて/都は春の/景色なるもの景色なるもの」(春陽の歌)といった典雅な歌につれ,「飛作舞(ひさまい)」や「入振舞」「神男・老女・若女」,あるいは那須与一の扇の的を劇的に仕組んだ実馬,実甲冑の者まで出て,中世をまのあたりにする。最後は田楽踊である。国指定重要無形民俗文化財。(→延年

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone