コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建て網・立て網・建網・立網 たてあみ

1件 の用語解説(建て網・立て網・建網・立網の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たてあみ【建て網・立て網・建網・立網】

岸から沖に向けて張り出した垣網(袖網)で魚の通り道をさえぎり、袋網に魚を追い込んで捕らえる定置網。構造・使用法などにより、台網だいあみ・落とし網・桝網ますあみ・張り網・出し網などという。定置漁業の大部分は建て網で行われる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone