コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建国五原則(パンチャシラ)

1件 の用語解説(建国五原則(パンチャシラ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

建国五原則(パンチャシラ)

建国の父とされる初代スカルノ大統領が45年の独立時、国是として憲法で定めた、唯一神信仰、人道主義民族主義民主主義社会正義の原則。パンチャシラには、サンスクリット語で「五つの徳の実践」の意味がある。このうち、唯一神の信仰は第一番の原則として重視し、イスラム教のほかにカトリックプロテスタント、仏教、ヒンドゥー教を公認。各宗教の信仰者の人口比率が地域によって大きく違う多様性から、こうした形がとられたとされる。

(2008-05-13 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建国五原則(パンチャシラ)の関連キーワード大統領府予算教書バラクHオバマ国家経済会議大統領選挙(Presidential election)大統領サイクルコンゴ大統領選韓国の大統領制と改憲2頭体制デビ=スカルノ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone