コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建設マネジメント(CM)方式

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

建設マネジメント(CM)方式

一般に、公共事業元請けゼネコンが示す入札額は工事費の総額で、発注者は下請けの工費などについて、元請けに任せっぱなしのことが多い。CM方式では、コンサルタント会社が発注段階で、下請けの業者すべてに見積もりを出させる。例えばコンクリート工事では、ポンプ車や生コン納入などに細かく分けて複数の業者と個別に交渉し、適正価格に導く。希望社はCM方式のコンサルタント会社として、国内の民間建築工事では約800件の実績がある。

(2006-07-19 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android