建野 郷三(読み)タテノ ゴウゾウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

建野 郷三
タテノ ゴウゾウ


肩書
元老院議官,大阪府知事

旧名・旧姓
旧姓=牧野

生年月日
天保12年1月(1841年)

出生地
豊前国小倉(福岡県)

経歴
慶応2年長州再征の役、小倉落城後、同志と赤心隊を結成して主戦を堅持し、和議ののち、香春藩の参政となる。明治3年英国留学、10年西南戦争では警備隊に従軍、同年宮内省御用掛、三等侍補、翌11年太政官権大書記官を兼任。13年大阪府知事に就任した。22年元老院議官となり、同年米国特命全権公使に任ぜられた。27年実業界に転じ、唐津興業鉄道会社社長、日本移民会社監督、内外物産貿易会社取締役などとして活躍した。

没年月日
明治41年2月16日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

建野 郷三 (たての ごうぞう)

生年月日:1842年12月1日
江戸時代;明治時代の官僚;実業家。大阪府知事;駐米大使
1908年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android