コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁当の路上販売

1件 の用語解説(弁当の路上販売の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

弁当の路上販売

東京都は1953年に制定した食品製造業等取締条例で「行商」に分類。都によると、当時は野球場や競艇場で、近くの店から来て少量の食品を短時間で売りさばく行為を想定していた。条例で弁当販売を規制しているのは全国で他に北海道、京都、埼玉、宮崎などの道府県。大阪府、愛知県などでは、行商を規制する条例そのものがない。大阪府は「飲食店営業許可をとった施設で作られた弁当なら、どこで売ってもOK」としている。

(2013-05-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弁当の路上販売の関連キーワード食品産業コダマケンコーマヨネーズふじや食品コープ食品サンヨー食品ナチュラルウェイヤヨイ食品三島食品月島食品工業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弁当の路上販売の関連情報