コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁才天・弁財天 べんざいてん

大辞林 第三版の解説

べんざいてん【弁才天・弁財天】

〘仏〙 〔 Sarasvatī〕 元来、インドの河神で、音楽・智恵・財物の神として吉祥天とともに広く信仰された女神。仏教にも取り入れられたが、吉祥天と同一視されるようになった。八本の手で各種の武具を持つ像もあるが、鎌倉時代には二手で琵琶を持つ女神像が一般化した。日本では七福神の一人として民衆の信仰を集めてきた。弁天。べざいてん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弁才天・弁財天の関連キーワード鎌倉時代吉祥天

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android