弁理公使・辨理公使(読み)べんりこうし

精選版 日本国語大辞典「弁理公使・辨理公使」の解説

べんり‐こうし【弁理公使・辨理公使】

〘名〙 外交使節の一つ。特命全権公使に次ぎ、代理公使の上位。待遇と特権については全権公使と変わりがない。
※東京日日新聞‐明治一九年(1886)一〇月三〇日「陸奥宗光 任辨理公使叙勅任官二等」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android