コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄ぶ・玩ぶ・翫ぶ もてあそぶ

大辞林 第三版の解説

もてあそぶ【弄ぶ・玩ぶ・翫ぶ】

( 動五[四] )
〔「持て遊ぶ」の意〕
手で持って遊ぶ。いじくる。 「髪を-・ぶ」
人をなぐさみものにする。 「女を-・ぶ」
思うままにあやつる。弄ろうする。 「政治を-・ぶ」 「他人の運命を-・ぶ」
心のなぐさみとして愛する。観賞して楽しむ。 「詩文を-・ぶ」 「茶山は…月を-・んだ/伊沢蘭軒 鷗外
人をなぐさみの対象とする。寵愛ちようあいする。 「楊貴妃夜る昼る-・び給ける程に/今昔 10
[可能] もてあそべる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弄ぶ・玩ぶ・翫ぶの関連キーワードなぐさみ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android