弓柄・弣(読み)ゆづか

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐づか【弓柄・弣】

〘名〙 (「ゆつか」とも) のつか。矢を射る時、左手で弓を握る部分。また、その部分に巻いてある皮。ゆみつか。
※正倉院文書‐天平一〇年(738)駿河国正税帳「弓肆拾張、弓握韋壱張」
※万葉(8C後)一四・三五六七「置きて行かば妹は真愛(まかな)し持ちて行く梓の弓の由都可(ユヅカ)にもがも」

ゆみ‐つか【弓柄・弣】

〘名〙 (「ゆみづか」とも) =ゆづか(弓柄)
新撰字鏡(898‐901頃)「弓杷 弓豆加」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android