弓柄・弣(読み)ゆづか

  • ゆみつか

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ゆつか」とも) 弓のつか。矢を射る時、左手で弓を握る部分。また、その部分に巻いてある皮。ゆみつか。
※正倉院文書‐天平一〇年(738)駿河国正税帳「弓肆拾張、弓握韋壱張」
※万葉(8C後)一四・三五六七「置きて行かば妹は真愛(まかな)し持ちて行く梓の弓の由都可(ユヅカ)にもがも」
〘名〙 (「ゆみづか」とも) =ゆづか(弓柄)
※新撰字鏡(898‐901頃)「弓杷 弓豆加」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android