弓矯・檠(読み)ゆだめ

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐だめ【弓矯・檠】

〘名〙 の弾力を強くするために、弓幹(ゆがら)を曲げてそらせること。また、曲がっている弓の材を、真っすぐに改めること。また、そのために用いる道具。ゆみため。
梁塵秘抄(1179頃)二「侍藤五君、召ししゆだめはなど問はぬ、ゆだめも篦矯(のだめ)も持ちながら、讚岐の松山へ入りにしは」

ゆみ‐ため【弓矯・檠】

〘名〙 (「ゆみだめ」とも) =ゆだめ(弓矯)〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android