コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引き入れる・引入れる ひきいれる

大辞林 第三版の解説

ひきいれる【引き入れる・引入れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ひきい・る
引いて中へ入れる。車両などを引っぱって中へ入れる。 ↔ 引き出す 「荷車を門内に-・れる」
人を誘って中に入れる。
人を屋敷内に誘い入れる。呼び入れる。 「物売りを呼びとめて邸内に-・れる」
人を誘って自分たちの仲間に入れる。誘いこむ。ひっぱりこむ。 「味方に-・れる」 「不良グループに-・れられる」
物などを中に入れる。
物を自分のふところなどに入れる。 「暗まぎれにふところに物など-・るる人もあらむかし/枕草子 124
体の一部を引っこめる。 「いとはづかしうて御顔-・れ給へるさま、いとらうたく/堤中納言 思はぬ方に
帽子などを深くかぶる。引きこむ。 「御烏帽子-・れて/栄花 初花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone