引き入れる・引入れる(読み)ひきいれる

大辞林 第三版の解説

ひきいれる【引き入れる・引入れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ひきい・る
引いて中へ入れる。車両などを引っぱって中へ入れる。 ⇔ 引き出す 「荷車を門内に-・れる」
人を誘って中に入れる。
人を屋敷内に誘い入れる。呼び入れる。 「物売りを呼びとめて邸内に-・れる」
人を誘って自分たちの仲間に入れる。誘いこむ。ひっぱりこむ。 「味方に-・れる」 「不良グループに-・れられる」
物などを中に入れる。
物を自分のふところなどに入れる。 「暗まぎれにふところに物など-・るる人もあらむかし/枕草子 124
体の一部を引っこめる。 「いとはづかしうて御顔-・れ給へるさま、いとらうたく/堤中納言 思はぬ方に
帽子などを深くかぶる。引きこむ。 「御烏帽子-・れて/栄花 初花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android