コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引き切り・引切り・挽き切り ひききり

大辞林 第三版の解説

ひききり【引き切り・引切り・挽き切り】

( 名 )
「引き切り鋸のこぎり」の略。
竹筒で作った茶釜の蓋置ふたおき。ひっきり。
( 形動ナリ )
いらだっているさま。せっかち。 「この男、いと-なりける心にて/堤中納言 はいずみ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone