コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引き切り・引切り・挽き切り ひききり

大辞林 第三版の解説

ひききり【引き切り・引切り・挽き切り】

( 名 )
「引き切り鋸のこぎり」の略。
竹筒で作った茶釜の蓋置ふたおき。ひっきり。
( 形動ナリ )
いらだっているさま。せっかち。 「この男、いと-なりける心にて/堤中納言 はいずみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android