コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引き当て金

1件 の用語解説(引き当て金の意味・用語解説を検索)

事業再生用語集の解説

引き当て金

企業会計で、将来特定の支出や損失があらかじめ見積もれる場合に、それに備えて貸借対照表上に計上しておけるもの。退職給与引当金貸倒引当金など。また、融資先企業の経営状態が悪化して回収できなくなった時のために、金融機関が積み立てておくお金のこともさす。将来発生する費用(貸し倒れ)を現在の債務諸表に反映させることを目的とする。貸したお金が戻ってこない恐れがある時、それに応じた引当金をコストとして計上しなければならない。

出典|(株)セントラル総合研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引き当て金の関連キーワード帳簿価額引当金決算企業会計原則企業会計GAO簿価会計家計支出通貨先物(Financial Futures)資金不足比率

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

引き当て金の関連情報