引き当て金

事業再生用語集の解説

引き当て金

企業会計で、将来特定の支出や損失があらかじめ見積もれる場合に、それに備えて貸借対照表上に計上しておけるもの。退職給与引当金貸倒引当金など。また、融資先企業の経営状態が悪化して回収できなくなった時のために、金融機関が積み立てておくお金のこともさす。将来発生する費用(貸し倒れ)を現在の債務諸表に反映させることを目的とする。貸したお金が戻ってこない恐れがある時、それに応じた引当金をコストとして計上しなければならない。

出典 (株)セントラル総合研究所事業再生用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引き当て金の関連情報