コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引き込む・引込む ひきこむ

1件 の用語解説(引き込む・引込むの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ひきこむ【引き込む・引込む】

( 動五[四] )
ひっぱって中に入れる。ひっぱりこむ。 「山車だしを境内に-・む」
人の心・魂を引き寄せる。 「聴衆は彼の名演奏に-・まれた」
川の流れや線状のものを分岐させて自分の方まで延長する。 「川の水を庭内に-・んで池を作る」 「専用の線路を構内まで-・んである」
人を誘って仲間にする。誘いこむ。ひっぱりこむ。 「自派の陣営に-・もうと画策する」
「かぜをひきこむ」の形で、かぜにかかる。
家の中に引きこもる。ひっこむ。
へこむ。ひっこむ。 「壁の-・んだところ」
目立たない場所に退く。奥へ入る。ひっこむ。 「男も眠ねぶりければ亭主-・みぬ/仮名草子・東海道名所記」
目立たないように隠れ住む。隠棲する。 「討死なんどして妻子共に別れんより-・まん/甲陽軍鑑 品一四
[可能] ひきこめる
( 動下二 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone