引声阿彌陀経(読み)いんぜいあみだきょう

精選版 日本国語大辞典の解説

いんぜい‐あみだきょう ‥アミダキャウ【引声阿彌陀経】

〘名〙 仏語。ゆるやかな曲調で阿彌陀経諷誦(ふうじゅ)すること。慈覚大師円仁が唐の五台山から伝え、比叡山に常行三昧堂を建立して行なったのが始まりという。京都の真如堂などに伝わる。いんぜいのあみだきょう。
梁塵秘抄(1179頃)二「山寺行なふ聖こそ、あはれに尊きものはあれ、行道いんぜいあみだ経、暁懺法釈迦牟尼仏」
[補注]「いんぜいあびたけい」と漢音訓みされることもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android