コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引田天功(初代) ひきた てんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

引田天功(初代) ひきた-てんこう

1934-1979 昭和時代後期の奇術師。
昭和9年7月3日生まれ。日大在学中に松旭斎(しょうきょくさい)天洋に師事。昭和35年東京魔術団を結成し,大がかりなトリックによる水中,火中からの大脱出シリーズで人気をあつめた。持病の心臓病のため,昭和54年12月31日死去。45歳。弟子の朝風まりが2代目を襲名。神奈川県出身。本名は功(いさお)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

引田天功(初代)の関連キーワードテンプル日本製鉄松原のぶえ白都真理長谷川真弓不条理日記赤い鳥SF映画日雇労働者神風連

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone