コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弖爾乎波・天爾遠波 てにをは

大辞林 第三版の解説

てにをは【弖爾乎波・天爾遠波】

〔博士家はかせけのヲコト点の四隅の点を左下から右回りに続けて読むと「てにをは」となることからの名称〕
漢文を訓読するとき、補読しなければならない、助詞・助動詞・活用語尾・接辞などの古称。てには。
助詞・助動詞の用法。言葉づかい。
助詞のこと。
話の前後関係。話のつじつま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弖爾乎波・天爾遠波の関連キーワード弖爾乎波

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android